商標登録の無料情報満載、手数料ゼロの商標登録他調査から費用まで

標準文字商標の勘違い

標準文字商標の勘違い

特許庁の出願時の扱いに標準文字商標というものがあります。
 この呼び方からして、自分が考えたネーミングを標準文字で登録すればネーミング全般を押さえることができて、権利範囲が広くなるのではないか、と思われているお客様が多くいらっしゃいます。
標準文字商標の制度は、商標が願書にどのようなフォントで記載されていても、これを特許庁が指定して公表している標準的なフォントで書かれた商標として登録するという制度です。
 あくまでも通常の商標と何ら変わりなく登録された商標の形そのものに専用権と禁止権が与えられます。
 なので、標準文字で表された登録商標の類似範囲に禁止権の効力が及びことになり、他のフォントの商標と比べて禁止権の範囲が広いということはありません。
 ただ、標準的なフォントのため、その禁止権の
範囲内に入ってくる商標の数は多くなってくることは考えらえれます。
 効力が広いのではなく、その効力内に入ってくる商標の数が多いと考える方がすっきりとします。

コメント



認証コード9446

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional