商標登録の無料情報満載、手数料ゼロの商標登録他調査から費用まで

東京オリンピックと商標

東京オリンピックと商標

2020年に東京オリンピックが開催されます。このオリンピックには、表の顔と裏の顔があります。
表の顔は、もちろんスポーツの祭典です。裏の顔はお金儲けです。
オリンピックでは、公式スポンサーを募り、スポンサーとなった企業にはスポンサー料の見返りとして、オリンピックの名称やロゴ等の独占的な使用権を与えます。
スポンサーとなった企業はオリンピックの名称やIOCやJOCの所有する登録商標を独占的に使用してスポンサー料以上のお金儲けをする訳です。
ちなみにIOCやJOCはかなりの分野でかなりの数の登録商標を所有しています。
では、部外者がオリンピックがらみの商標を登録でできるのか?
残念ながら、部外者は商標法4条1項6号の存在により登録できません。

コメント



認証コード8383

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional