商標登録の無料情報満載、手数料ゼロの商標登録他調査から費用まで

標準文字商標の勘違い

標準文字商標の勘違い

お客さまがよく勘違いされる商標に標準文字商標というのがあります。
 特に使用する字体が決まっていなければ、特許庁の指定する字体(これを標準文字と呼んでいます)で出願して登録されたものとする制度です。
「特に使用する字体が決まっていなければ」というのがくせもので、このことから、お客様は標準文字で出願しておけば、言葉自体に権利が取れると勘違いしてしまわれることが多いようです。
 商標はハンコの印鑑登録みたいなものですから、登録した形そのものに権利が発生します。
ということは、標準文字で出願すれば標準文字の字体そのものがハンコになって登録されるということです。
特許庁も、「標準文字だからといって、他の文字商標に比べて権利範囲が広くなることはない」といっています。あたり前といえばあたり前なのですが。
それなら、あえて標準文字などどいう制度を作らずに、「登録を希望する字体で出願してくださいね。その字体で権利が発生しますから。」といえば済みそうにも思うのですが・・・

コメント



認証コード4041

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional