商標登録の無料情報満載、手数料ゼロの商標登録他調査から費用まで

著作権と商標権の違い|商標登録応援サイト - 調査・出願・申請・登録から費用まで

著作権と商標権の違い

商標登録によって、その商品のネーミングや、キャッチフレーズ、キャラクターなどが全て保護されるでしょうか?会社で考えた言葉やアイディアが、他社に利用されないように保護するといった意味で、著作権と商標権を混合する方が非常に多くいらっしゃいます。著作権と商標権の違いはどこにあるのでしょうか。

著作権と商標権の違い

著作権とは

著作権は、作品を完成させた瞬間に自動的に生まれる権利です。著作権には、著作者人格権と著作財産権の二つの権利が保護されます。

著作者人格権

作品を制作した著作者の所有している権利の事を指します。作品の公表を決定できる権利や、作品のタイトルを勝手に変更させない権利などがあります。

著作者財産権

営利目的で制作された作品を使用する際に生まれる権利です。勝手に複製をして販売することや金銭の生じる上映会、朗読会、展示会などを禁じる事ができます。

効力の違い

著作権におけるこれらの権利は、私的利用を目的とした場合の複製や上映会では適応されません。著作権は正式な機関を通して申請するものではないので、勝手に商標で使用されたとしても相手が「その商品を知らなかった」「たまたま似ているだけ」と反論する事も可能です。しかし、商標権は国の特許庁に正式に認められ、登録されたものです。無断使用者が、その商品を知っていたかどうかというのは関係がありません。

そのため、知らなかったという反論方法が取れなくなります。更に、著作権は死後50年までしか権利を維持する事ができません。会社で作った作品も、著作者が亡くなって50年経つと誰でも自由に使用する事ができます。一方、商標権なら権利の更新を繰り返せば、永続的に権利を所有する事ができます。

このように商標権は、著作権よりもはるかに強い効力を持っています。企業が開発した商品を保護するためにも必要な手続きだといえます。この商標登録出願は、特別な業者を通す必要も無く、自分で願書を提出する事ができます。当事務所では、事業が忙しく自分で商標登録出願ができないという方のために、代行手続きを行っています。費用も格安で行っているので、会社の権利を守るためにもご利用下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional