商標登録の無料情報満載、手数料ゼロの商標登録他調査から費用まで

商標登録を行う前の注意点|商標登録応援サイト - 調査・出願・申請・登録から費用まで

商標登録を行う前の注意点

商標登録を行う前の注意点として確認しておきたいことがあります。商標登録を行うために、まずは商標が既に登録されていないかを調べておきましょう。次に、商品やサービスの範囲を決めたいところです。範囲を決めておかなければ、商標権を取得しても商標使用を思ったように禁止することができないのです。

また、自身も商標権の範囲外で使用してしまえば、その範囲で他の人が商標権を取得している際に、権利侵害をしたとして訴えられる可能性も出てくるのです。このように商標登録を行う前の注意点はいくつかあります。

商標の登録

商標調査の必要性

商標を使用するときや出願するときには、調査をしておかなければなりません。ではなぜ、商標調査が必要なのでしょうか。独自で考えた商標であっても、その商標を自由に使用することができるとは限りません。先に他の人が出そうとしている商標と同じもの、又は似ている商標を出願し登録を受けている場合は、その人の商標権を侵害することになるため登録することができません。

商標を自由に使用できるようにするためには、事前に商標調査は行っておくことが必要になります。しかし、どのような場合でも調査が必要というわけではありません。その商標を現在使用している、又は近い将来使用する予定がある場合に必要となってきます。

商標調査のコツ

商標調査をする方法は、専門家に依頼するか個人で行うかの二つの選択肢があります。費用に制限がないのであれば、専門家へ依頼されてもいいですが、費用を抑えたいのであれば自分で行ってはいかがでしょうか。

自分で行うことで、どのような商標が登録されているかなど、いろいろなことが分かります。自分で行う場合、特許電子図書館など無料で使用できるサービスを利用するといいかもしれません。キーワードや分類を用いた検索を行うことができますので是非、活用されてはいかがでしょうか。根気のいる作業にはなりますが、慣れてくれば絞り方のコツを掴むことができるようになるかと思います。

商標登録出願を行い、審査を経て実際に登録されるまでには一定の期間を有し、登録を受けることで登録料を納付しなければならなくなります。しかし登録しておくことで様々なメリットを得ることができるので、魅力的でおすすめです。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional