商標登録の無料情報満載、手数料ゼロの商標登録他調査から費用まで

商標制度の目的

商標制度の目的

商標制度は、商標を使用する者の業務上の信用の維持と需要者の利益の両方を守るために設けられた制度です。よく商標自体を守るためにあると思われているようですが、そうではありませんので注意してください。

商標制度はなぜ必要か

商品に付けられたマーク、もしこれが無かったら、または、同じマークが別のメーカでも自由に使われていたら・・・

私たちは、商品を買うときにどれを選べばいいのか、困ってしまいます。このことからも分かるように、商品を買うときに目印になっているマーク、それが商標です。

ですから、この商標をいいかげんに使ったり、誰もが勝手に使ったりできないように、法律で定めたのが、商標法であり、商標制度です。

商標法の目的

商標法の目的は、商標を保護 ⇒ 商標使用者の業務上の信用の維持 ⇒ 産業の発達 + 需要者の利益 を図る。
です。

商標の保護

どうやって商標を保護しているのでしょうか。それは特定の商標を特定の商品等へ独占排他的に使用する権利を商標権者に与えることで実現しています。
これによって、私たちは、その商標の付いた商品であれば、あのメーカの商品だと分かるのです。

商標とはどんなものか

商標法では、商標を「文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩の結合(これを「標章」といいます。)であって、業として商品等を生産等する者がその商品等について使用するもの(2条1項)と規定しています。

標章を商品等に使用すると商標になる

標章は、文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩の結合です。簡単にいうとロゴやマークですね。
文字だけでもいいですし、文字と図形を組み合わせてもいいですし、カーネルおじさんのように、立体的なものでもいいです。
そして、この標章を例えば「フライドチキン」の宣伝に使うと、商標になるのです。
商品と関係なく、ただ窓に貼ってあるだけなら商標とはいいません。

業として商品又はサービス(役務)について使用すると商標になる

商標を商品に使用したもの ⇒ 商品商標
商標をサービスに使用したもの ⇒ 役務商標

商品に使用するわけですが、商品とは、
・商取り引きの対象であること(ライオンの子、へびもOK)
・流通過程にのること(持ち帰り餃子もOK)
・量産可能であること(彫刻の複製品もOK)
・有体物かつ動産であること(ベンボに入れたガスもOK)
の条件を満たすものです。
最近、プログラムや電子出版物も商品として扱われています。時代の流れですね。

サービス(役務)とは、お客さんにニコッとする接客サービスではありません。法律的には、他人のために行う労務又は便益であって、独立して商取引の対象となるものといわれています。
ちょっと言葉が難しいですね。
広告、金融、建設、輸送のような商品を売らずに価値を提供するような業務です。

ちなみに、うどん屋さんは、うどんを売っているのではなく、うどんというサービスを提供していますので、もしうどん屋さんが商標を登録するのであれば、役務商標となって指定役務は「うどんの提供」になります。みなさん、よく勘違いされます。

そして、「業として」ですから家庭内だけで行うことや、自社の商品を販売するためだけの「広告」という業務は役務の対象にはなりません。

商標の使用とはどういうものか

法律的にはかなり詳しく商標の使用について規定されていますが、ここでは簡単に説明します。
商品やその包装にマークを付ける。そしてそれを売ったりする。これが商品における商標の使用です。

また、役務における商標の使用は、例えば喫茶店で、マークを付けたコーヒーカップでコーヒーで出すとか、マークの付いたサイフォンでコーヒーを入れるとか、自動車の車検工場で車検の済んだお客さんの自動車に車検工場のマークを貼るとか、・・・
そのような行為を商標の使用といいます。

商標には機能がある

商標には4つの機能があります。

自他商品役務の識別機能

商標の基本機能です。たくさんの商品と自己の商品を識別する機能です。キリンビールは他社のビール、例えばアサヒビールと区別するためにビール瓶にラベルを貼っています。

出所表示機能

同じ商標を付けた商品は常に同じ出所から出た商品であることを示す機能です。
これで私たちは、気に入った商品と同じメーカーの商品ををまた買うことができます。

品質保証機能

同じ商標を付けた商品は、どこでも同じ品質であることを保証する機能です。九州に住んでいる人が、北海道に出張していても、「マクドナルド」の看板の付いたお店にいけば、いつもと同じ「マクドナルド」のハンバーガーを食べることができるのは、この機能のおかげですね。

広告宣伝機能

商標を付けた商品の広告宣伝の効果を高める機能です。良い商品はその商品に加えて、それに付けられた商標にも良いイメージがもたれ、その商標自体が宣伝広告になるということがあります。
ネット世界では、ますますこの機能が活躍しそうですね。

※ 商標登録のご用命は日本全国から、三木市、小野市、加西市、加東市、西脇市、加古川市、高砂市、他、兵庫県、兵庫県隣接府県であれば商標登録の他に特許、意匠も受け賜ります。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional