商標登録の無料情報満載、手数料ゼロの商標登録他調査から費用まで

商標マークの意味|商標登録応援サイト - 調査・出願・申請・登録から費用まで

商標マークの意味

Rマーク

Rマークは商標登録をされているという意味で使われています。Registered Trademarkの頭文字であり、アールマークなどで呼ばれています。アメリカで生まれた制度であり、日本でも特許庁で商標登録された物につけることができます。このRマークを表示することは義務ではありません。日本では、Rマークではなく「登録商標○号」という表示が努力義務とされています。

しかし、ポップなロゴマークの隣に「登録商標○号」と書かれていては堅苦しい印象を受けてしまいます。その堅苦しさを回避するために、Rマークをつける企業が多いです。Rマークを表示する事によって、周りへの主張となります。無断使用する事を禁止する事をアピールする事ができるのです。登録されていないものにRマークをつけると虚偽表示とされて罰せられる可能性があります。出願中の場合も禁止ですので気を付けましょう。

商標マークの意味

TMマーク

TMは、Trademarkの略称です。商標登録をしていない物に付ける事ができます。登録をしていないのですから、TMマークを付ける意味はないようにも思えますが、「今後登録する」といった意味や「登録はしていないけれど、このマークで商売をしています」というアピールになります。商標権は、登録料や商標権の保有期間も定められています。費用がかかるため、販売が見込めるかどうか分からない商品を、すぐに商標登録しない企業も多くあります。

そのような企業がこのTMマークを表示している事が多いです。しかし、このマークをつけている事によって商標が保証される事はありません。全く同じマークが他の人によって商標登録されてしまう可能性もあるのです。このマークはRマークと違い、勝手に付けることによって罰せられる事はありません。

商標登録は手間が掛かりますが、商標を保護するためには非常に有効な方法です。個人でも出願はできるので、当事務所のホームページをご参照下さい。商標登録の準備をする時間がないという方は、当事務所の代行手続きをご利用下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional