商標登録の無料情報満載、手数料ゼロの商標登録他調査から費用まで

会社を興すときに必要な商標の知識

会社を興すときに必要な商標の知識

私も自分で起業して株式会社を設立しました。

株式会社の発起人となって定款の作成、公証人役場での認証、法務局への届け出を全て自分でやりました。案外簡単なものです。
それで、これから会社を興そうとされている皆さんに、会社を興す時に必要な商標の知識についてお教えします。

会社名を商品の一部に使うとき

もっとよく考えてから会社名を決めるべきだった。 法人の設立登記をしてしまってから、商標のことで反省されるお客様が 多くいらっしゃいます。画像の説明

あなたが会社を興すときには、先ず会社名を決めて、定款を作成し、 公証人役場で認証を受けて、それを法務局に登記することになります。
私も、自分で自分の会社の法人設立登記をやりましたので、司法書士さんに頼まなくても、ちょっと 勉強すれば自分でできます。

ただ、この会社名を決めるときに注意することがあります。 会社を興すのは、商品やサービスをお客様に提供するためですが、その 商品やサービスに会社名や会社名の一部を使用する場合です。

例えば会社名を「ABC株式会社」として、商品名を「ABC」と する場合です。
あなたが、このような考えで起業するときは、法人登記をする前に、会社で 扱う商品やサービスについて、使用予定の商品名が他人の商標権を侵害しないことを確認しておく必要があります。

そして、侵害していなければ、法人登記と並行して商標登録出願もしておくほうがいいでしょう。
商標は著作権のように先に考えたり、先に使ったから権利があるので はなく、先に出願して登録になった方に権利が発生するという先願主義を採用しているからです。

他人に後から同じか似ている商標を登録されてしまえば、先に使って いたにもかかわらず、あなたの会社はその商品名を使用できなくなると いうとても恐ろしい状態になるからです。

商標登録できない会社名がある

それは「登録できない商標がある」ことです。

会社名やその一部をあなたが起業する会社で扱う商品名やサービス名に使用しようと考えている場合は、普通名称だから識別力がないとして 登録されない商標があることにも注意が必要です。

例えば、会社名を「神戸チョコレート株式会社」として、チョコレートの 製造販売を計画していて、そのチョコレートに「神戸チョコレート」と という商品名を付ける場合です。

特許庁は、「チョコレート」は単に商品チョコレートの普通名称に過ぎず また「神戸」もチョコレートの産地を表示するもので、全体として識別力がないとして、登録してくれません。

それで、会社名を商品にも使用するときは、他の会社の商品と区別できるように会社名に他の会社の商品と区別できるような文字を付け加えておくことが大事なのです。

法人登記を済ましてから、法人名を変更するのは結構面倒で費用もかかりますから。会社の看板も、名刺も、カタログも・・・、今まで準備したものが全て無駄になります。つぎ込んだお金もばかになりません。

商標と商品は一体で考える

それは、「商標は商品又は役務(サービス)と一体である」ことです。

あなたは、商標登録を商号登記と混同して、商標登録をすれば会社の名称自体が保護される と思っていませんか。

残念ながら商標登録は、商標だけを特定して行うことはできません。商標とその商標を使用する商品又は役務(サービス)が一体となっている必要があります。したがって、 出願時には必ず、商品又は役務(サービス)を指定しなければなりません。

商標は会社名を保護するものではなく、商品又は役務(サービス)に化体した、あなたの信用を保護するものだからです。

出願料や登録料は商品等の区分ごとに1区分につきいくらと決まっています。ですから、多くの商品を取り扱う場合は、指定商品の区分が多くなり、費用がかさむこともあります。

商号登記と商標登録は違う

それは、「商号登記できることと、商標として使用できることは違う」ということです。

いわゆる会社の名称である「商号」は同一住所に同一商号で登記できないだけで、同一会社名であっても登記されます。 これで、商品名にも会社名が使用できる。誰もそう思いますよね。

ところが、その商号と同一又は類似の商標が、他人によってその商品について商標登録されていたら、 いくら自社の会社名であっても、その商品の商標としては使用できません。

商品を離れて単に、会社名として使用できるだけなのです。 例えばネットショップでその商品の宣伝に全面的に会社名を使用すると、商標権者からある日突然、差止請求や損害賠償請求される事態もあり得ます。

最近は、以前より情報の共有が簡単になった反面、商標権の威力は大きくなりました。

使用する形態で商標登録する

それは、「使用する形態で商標登録をしていなかった」ということです。

X社は、桜の花の下に「XYX」の文字を表した登録商標を所有していました。

始めから、別々に使用する計画だったのですが、2件分だと費用もかさむので、2つを組み合わせて、1件分で2つの商標を登録しようと考えたからです。
そして、これまでずっと「XYX」や桜の花の図形を単独で使用してきました。

そんなとき、登録商標に類似する商標の登録を考えているZ社から、登録商標の不使用取消審判を請求され、その結果X社の商標登録が取り消されてしまいました。

「XYX」や桜の花の図形の単独使用だけでは登録商標の使用とみなされなかったのです。

桜の花の図形だけ、「XYX」だけを別々に使用する場合は、それぞれについて商標登録を受けておくべきです。

そうすれば、桜の花の図形のみ、「XYX」のみ、桜の花の図形と「XYX」を組み合わせたもの、すべてが登録商標の使用とみなされるからです。

確かに費用はかかりますが、実際に使用される形態で商標登録しておくのが原則です。

商標のご用命は、日本全国どこからでも。三木市、小野市、加西市、加東市、西脇市、加古川市、高砂市、他、兵庫、岡山、鳥取、香川、徳島、愛媛、高知、大阪、和歌山、奈良、京都、滋賀の各府県であれば特許、意匠も受け賜ります。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional