商標登録の無料情報満載、手数料ゼロの商標登録他調査から費用まで

会社の財産を法的に扱う重要性|商標登録応援サイト - 調査・出願・申請・登録から費用まで

会社の財産を法的に扱う重要性

特許事務所の利用

今では会社の財産である商品や商品名などには、特許権や商標権などで権利を守る方法があります。特許権や商標権などの権利を有していないと、法的に侵害されたり賠償請求されたりと、大きなトラブルの原因になる場合があります。

特許権と商標権は大切な会社や個人の「財産」になりますので、トラブルの種にならない為にも十分に理解する事は、とても重要な事になります。こちらでは、大切な「財産」を守る為にも「特許権と商標権の違い」についてまとめてみましたので、ご参照下さい。

特許権とは

特許権を受けるには、この製品を発明した発明者のみが対象となります。これは会社や法人では基本的には受ける事はできません。ですが、発明者に原始的に帰属した特許を受ける権利は移転できる場合もあります。また発明者から特許を受ける権利を承継された法人であれば、特許権の獲得が可能な場合もあります。

また複数人での共同開発者がいた場合にも、関わった「全員」が発明者となる場合もあります。特許権を受けられる方は、必ずしも一人ではないということになります。特許を申請するには時間や労力などを要し、厳しい審査などもあり特許事務所に依頼する場合がほとんどです。では特許権を申請した時にはどのような審査があるのでしょうか。

・産業利用価値があるか

産業に利用できるかどうかが重要になってきます。産業に利用価値がない発明品は、特許の対象外となる場合があります。

・新規性があるかどうか

公然に知られた発明は新規性がありませんので、特許を受けることができません。

・進歩性があるかどうか

公然に知られた発明から容易に思いつくような発明は、進歩性がありませんので、特許を受けることができません。

・特許が受けられない発明品の例

発明されたハサミやナイフを寄せ集めた「多機能ナイフ」など。

こういった場合の発明品は、新規としての発明とは認められないので、特許を受けることができません。また特許権は、2つ以上同じものは登録出来ないので、他社が先に出願していた場合には、他社に特許権があります。

特許権を受けるには、早ければ早いほどいいと言われています。特許の申請から獲得までには時間が掛かる場合があり、手続きの際に書類も必要になってきますので、特許事務所を利用するのもひとつの手段になります。

特許権と商標権の違い

特許権と商標権はどちらも産業の発展のためにありますが、それぞれ保護する範囲が違います。

特許権は発明に必要な技術や仕様などを保護します。この保護により発明品と同じ仕様の模倣品が作られるのを防ぎ、同時に、模倣品の氾濫によって発明品の価値が低下することを防ぎます。

商標権は商標を保護します。商標とはサービスや商品、社名などに使われる識別標識のことを指し、商標が商標権で保護されることによって、商品のブランド力や会社の信用を保護し、類似した商品との差別化を図ります。商品が差別化されることで、需要者は商品の選択が可能になり、結果として需要者の利益の保護に繋がります。需要者の利益を保護するということも、特許権、意匠権と異なる部分になります。

中小企業様へ

当事務所では、中小企業や個人事業主様の「財産」を守る手段として、「商標権」に関する相談を承っております。商標登録の出願は最短で2日で出来ます。スピードある商標登録の出願は、中小企業の味方になります。大阪や兵庫を始め、日本全国対応しております。気になる費用については、電話・問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional